TOKIO山口達也の離婚報道はなぜ「金曜朝11時」というタイミングだったのか?

8月5日、11時ごろTOKIOのメンバー山口達也が離婚し午後から記者会見を開いた。




山口は離婚の原因について妻と夫婦間での喧嘩が絶えなかった、友達との夜の付き合いや趣味のサーフィンなど「自分の好きなものばかりを優先してきた」と自ら語っており、家族間での意思疎通がうまくいってなかったことが原因であるという。

離婚後、夫婦は別居するが山口の自宅の徒歩5分のところに居を構えるため子供達と会うことは可能だという。

さて先日の山口の離婚報道の一報は8月5日金曜の朝11時に事務所からFAXにて出されたとされる。この朝11時という時間帯だが、これには山口側のメンバーおよび関係者への配慮があったとされる。

TOKIOメンバーである国分太一はTBS朝の情報番組「白熱ライブ・ビビット!」を朝8時~10時まで担当しており「ビビット」の放送中に発表すれば事情を知らない国分太一のコメントに注目が集まってしまうため、山口および事務所が配慮したのではないかとされている。

また山口は日本テレビ「ZIP!」のパーソナリティを月曜および水曜に担当しており、山口のコメントは8月8日月曜の「ZIP!」で詳しく流れると思われる。

そのため「金曜朝11時」という報道はTOKIO間ではベストのタイミングであり、一部では「国分くんに気を使った山口くんのベストの判断だった」と絶賛されているという。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

ジャニーズ





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る