世界最大の釈迦涅槃像の元で怪談ライブ!8月16日「怪談話の夕べ ふたたび in南蔵院」





熊本県には世界一の大きさを誇る仏像がある。ギネスブックにも掲載されている、世界最大のブロンズ製仏像と言えば茨城県の牛久大仏だが、こちらは釈迦涅槃像である。お釈迦様が入滅する際の様子を形にした涅槃像のなかでも、熊本県南蔵院の釈迦涅槃像は全長41メートル、高さ11メートル、重さは約300トンと破格のスケール。

涅槃像からは五色の布が垂れ下がっており、これはお釈迦様が悟りをひらいた際に体から現れたという五色の光を再現しているとのこと。参拝の際は、この布を握りしめながら祈ると良いとされている。

そんなにて、8月16日のお盆「地獄の釜が開く日」に、福岡県の南蔵院にて、怪談ライブが行われる。お盆の日は「地獄の底の蓋が開く」と昔から言われており、ご先祖様の魂が現世に戻ってくる日とも言われている。そんな日に開催される怪談ライブだからこそ、何かが起きるのかもしれない!?
イベントは二部構成。

15時からの第一部は涅槃像下の大広間を会場に心霊写真や心霊スポット関連等をプロジェクターを用いて紹介。17時からの第二部は本堂にて開催され、第一部よりもより恐怖に迫る実話怪談ライブとなっている。

出演者は、本アトラスの監修を行っている作家でありオカルト研究家の山口敏太郎氏と、関西にて風水師、また霊能者としても活動しているあーりん氏の二名。

まだまだ予約受付中!この夏、お寺で極上の怪談を聞いて心の底から冷えてみるのはいかがだろうか。

怪談話の夕べ ふたたび in南蔵院

開催日時 2016年8月16日(火)

第一部「心霊写真・心霊スポット紹介」15:00~ 第二部「怪談話の夕べ」17:00~

入場無料 ※熊本大分自信復興支援の募金箱を設置させて頂きます。皆様のご協力をお願いいたします。

南蔵院 住所:福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗1035 電話番号:092-947-7195(9:00~16:30 担当:林)





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る