ケロッピー前田(前田亮一)著『CRAZY TRIP 今を生き抜くための“最果て”世界の旅』(三才ブックス)刊行のお知らせ





このたび、ケロッピー前田(前田亮一)の旅本『CRAZY TRIP 今を生き抜くための“最果て”世界の旅』が三才ブックスから刊行となります。(2016年8月5日発売)

私、ケロッピー前田は、長年、世界のアンダーグラウンドシーンをレポートし、『ブブカ』『バースト』『タトゥーバースト』『バーストハイ』(白夜書房/コアマガジン)において発表してきました。

昨今、辺境や危険地帯、最果ての地など、普通の人では行けない世界の旅の情報についての需要が高まり、ここ20年間に及ぶ、海外のレポート記事を一冊にまとめることができました。

ぜひとも、この機会に、クレイジーな世界の旅にお付き合いいただければ嬉しいです。

ケロッピー前田(前田亮一)

【刊行情報】 ケロッピー前田著『CRAZY TRIP ~今を生き抜くための“最果て”世界の旅~』 カラー192ページ(一部2色) 三才ブックス 2016年8月5日発売 本体価格2000円(定価2160円)

都築響一大絶賛!!「内なる狂気が駆り立てる、グロテスクな旅の果て。この先にはなにが待っているのか。」

注目すべきクレイジーな人々に会いに行く!伝説の雑誌『バースト』で国内外のアンダーグラウンド・カルチャーを追ってきたケロッピー前田の20年間を集大成!頭蓋骨に穴を開けるトレパネーション、マリファナ合法化の最前線、ロシアにあった300年前の驚異の部屋、人体を冷凍保存するアルコー延命財団、サイバー戦士が集う国際ハッカー会議、カナダ先住民族の謎、日本人の起源を探る北海道そして縄文タトゥーの旅など、世界の驚愕の現場を詳細に紹介する。旅本というには、いささかクレイジーな情報量を投入することで、読者の脳内に新たな旅の衝動を引き起こす危ない指南書である。

【著者プロフィール】 ケロッピー前田(前田亮一)
1965年東京生まれ、千葉大学工学部卒、白夜書房(コアマガジン)を経てフリーランスに。世界のアンダーグラウンドカルチャーを現場レポート、若者向けカルチャー誌『ブブカ』『バースト』『タトゥー・バースト』(ともに白夜書房/コアマガジン)などで活躍し、海外の身体改造の最前線を日本に紹介してきた。近年は、ハッカー、現代アート、陰謀論などのジャンルにおいても海外情報収集能力を駆使した執筆を展開している。著書『今を生き抜くための70年代オカルト』(光文社新書) が話題に。





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る