【動画】最も実在の可能性大、UMA「キャディ」

未確認生物の中には、目撃された回数が多い、物証が発見された事がある等の理由で実在の可能性が高いと言われているものも存在する。中でも、現在まで目撃例が150を超すため実在の可能性が非常に高いと言われているのがキャドボロサウルス (Cadborosaurus) 、別名キャディだ。

キャディはカナダのバンクーバー島沖に生息しているといわれ、5メートルから20メートルの蛇に似た体をしているという。巨大な海蛇のようなUMAのシー・サーペントに近いが、馬に似た頭部、細長い胴体の背中にはヒレないしはコブのようなコイル状の突起があるとされている。

キャディは他の未確認生物と違い、目撃証言だけでなくその生物の姿が間近で確認されたり、それらしき生物の捕獲や死体が発見された事がある。




1968年、地元の漁師がキャディの幼生らしき謎の生物の捕獲に成功したという報告がなされている。漁師たちは捕獲したものの可哀想になって後に海に返してしまったという。なお、この時の生物の姿を記したスケッチが存在している。

1947年には謎の生物の死骸が鯨の腹の中から発見され、話題となった。現在でもこの死骸の写真は残っており、ひとつは顔のアップ、もう一つ長い全身を横から撮影した写真となっている。写真で見ても既に腐敗がかなり進行していたことが解るが、確かにその生物の顔は目撃証言にある通り、長めの馬面だったことが解る。横から捉えた写真では、よりキャディの馬に似た顔と長い体が解るものになっている。

キャディ2

残念ながら、このキャディの死体は研究のためシカゴの博物館へ空輸される途中で行方不明となってしまっている。そのため、死体の正体が何だったのかは不明のままとなっている。

キャディの目撃証言は現在でも報告されており、2009年にはキャディらしき泳ぐ生物の姿が動画で撮影されてもいる。

これほどまでに長きに渡り目撃され続けていることから、キャディは古代の海棲哺乳類の生き残りか、新種の海棲哺乳類ではないかと考える研究者も存在している。もしかすると、近い内にキャディがその姿を現してくれるのかも知れない。

関連動画
2009 Cadborosaurus Video (filmed by Kelly Nash) – Enhanced and Stabilized

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る