【疑惑】某テレビ局が人気声優の「謝罪会見」を捏造か?ただ単に素材不足だった?

ATLASでも度々報じている声優・神谷浩史と漫画家・中村光の既婚騒動に新たな騒動が勃発している。

某テレビ局で放送されたワイドショー番組にて「人気声優神谷浩史既婚報道に謝罪」というテロップとともにマイクをもって大勢のファンに謝罪しているかのような映像が流れたというのだ。




先日のATLASでも報じた通り、神谷は自身のラジオで「お騒がせして申し訳ありません」という謝罪はしたものの「既婚」については一切触れてらず若干ボカした説明をしていた。

前述の映像では神谷はやや神妙な顔つきだったが、この映像は神谷が主演をつとめた『進撃の巨人』の舞台挨拶の映像で一部では「まるで大勢のファンに謝罪したかのような情報操作が行われた」とヒートアップしているのだ。

事実、テレビ局が持っている映像はテレビ局側に権利があり、神谷氏のようにあまり表に出ない声優は素材が少なく『進撃の巨人』の舞台挨拶の映像しか持っていなかったためにこのような映像になったと予想されている。

また、写真や映像などの素材がない場合は所属事務所のHPから画像を転用することもあるが、多くは事務所の許可を得なくてはならず、出演したアニメ作品も制作会社の許可が必要となってくる。

恐らくワイドショー側も当初、声優の既婚騒動がここまで大きな話題になるとは思っておらず、急いで探した素材が『進撃の巨人』の舞台挨拶を引用したということかと思われる。

(文:ミドルサイズパンダ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る