【珍事】未確認ホモセクシャル生物「ポポバワ」に男性だけが犯される!?





 BBC、ロイターが報道し、世界中で物議をかもした未知生物がいる。

 その名はポポバワ。この怪物は、東アフリカの国・タンザニアのダルエスサラームという町や、バガラという村、ザンジバル諸島のペンバ島の中央部で噂されている。

 ポポバワ(Popo Bawa)は、スワヒリ語で「コウモリ」或いは「翼」という意味を持っているのだが、この怪物の容姿が巨大なコウモリに似ているといわれる。目撃者の証言を照合すると、ドワーフ(妖精・小人)のように小さな体、背中にはコウモリのような巨大な翼、目玉は大きなものが頭部の中央にひとつ、先端が尖った耳、鋭い牙、手の指がかぎ爪になっているという。

 この姿だけでも異様なのだが、男性が大好きで、深夜に家屋に侵入、就寝中のベッドの男性を、己の巨大なペニスで犯すという。女性には目もくれず、男性ばかりが狙われると言われている。

 このポポバワが近づくと、鼻をつくような刺激臭がして、煙が立ち込める。この怪物は、昼間はごく普通の人間の姿をしているが、夜になると怪物化するとされている。昼間、人間に化けたポポバワの見分け方は、指にポイントがある。ポポバワの化けた人間の指は、昼間でも鉤爪のままだからという。

ポポバワ1

 この怪物の難を避けるにはコーランを唱えることであるとか、寝る前に全身に豚の油を塗りこんでおくのがよいとされている。また、焚き火の横で寝ると被害にあわないとされており、地域によって集落で焚き火を炊いて、その周りで男たちが集団で寝ているとも言われている。




 この怪物の初めての出現は、1972年とされ、2000年以降の現在も現れ続けているのだ。通常に考えれば、男性を狙った連続レイプ魔の可能性が高いが、気になる情報も配信されている。

 なんとポポバワは、総選挙の直前など政治的緊張が高まると、姿を現すのだ。しかも、選挙妨害さえ行うとされている。

 タンザニアの近く、スーダンの民間伝承にはアダンダラという猫の姿をした妖怪の話があり、猫と交わった女性が産み落とすとも、配偶者(妻)の同性愛を誘発させる習性をもつとも言われて恐れられている。

 このように、アフリカには同性愛関係に関する恐怖を具現化したような妖怪の伝承が残っている。性愛に関するプリミティブな恐怖やタブーが具現化したUMAといえるのかもしれない。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

道祖神





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る