今年も「AKB48選抜総選挙」が始まりました。

昨夜(1日)に速報結果も発表されて話題を集めています。そこで今回は元SKE48メンバーの松井玲奈さん出演ドラマ『初恋芸人』原作者でもあり、48グループの大ファンであるという中沢健さんに今回の速報結果について話を聞いてみましたインタビュー第2回です。

前回『AKB48選抜総選挙 今年の速報1位は渡辺麻友!2位に指原莉乃!2人の魅力とは!?』では大きな注目を集める1位2位メンバーについてお話を聞いたので今回はそれ以外の注目ポイントを聞いてみました!




―私は中沢さんと違って、そこまで48グループマニアというわけでもないのですが、そういう人間からすると上位のメンバーにも聞いたことがない名前があったりしました。

「ここ数年の総選挙ではまだあまり有名じゃないメンバーや運営から推されているようには見えないメンバーのファンが速報だけでも高い順位にランクインさせて注目させるキッカケを作ってあげたい、という動きがあるんですね。ライトなファンだと知らないメンバーの名前も上位にあるのはそのせいだと思います。実際まだ無名な子でも、速報に名前が入ったことで調べてみる人は多いと思いますし、まだ知名度も高くないメンバーにとっては速報に名前が入るのは本当に大きなことなんです」

―中沢さんといえば、元SKE48のエースメンバーだった松井玲奈さんが出演されたドラマの原作者なわけですが、今回の速報を見てSKEファンとしてはどう思われましたか?

「僕がSKEのメンバーで総選挙で票を入れたことがあるメンバーって卒業されてしまった松井玲奈さんと今回は総選挙の出馬を辞退している松村香織さんだけなんです。僕はどのグループにもそれぞれ魅力を感じているので毎年各グループから1人には代表して票を入れているんですよ。それで言うと、今年は速報80位の熊崎晴香さんか、速報37位の古畑奈和さんに票を入れようかなと思っています」

―SKE以外のメンバーで今回の速報を見て気になったメンバーはいますか?

「チーム8のメンバーが初めてランクインしたのは注目ですね。(21位の倉野尾成美と53位の坂口渚沙)チーム8は、47都道府県からそれぞれ1人ずつメンバーを抜擢して作ったグループなんですけど、今までは誰もランクインしていなかったんです。それこそ、HKT48から初めて総選挙にランクインした宮脇咲良さんなんて、今では48グループの顔とも言えるメンバーになっていますからね。そういう意味でも、各グループからの初ランクインメンバーというのは注目です。発足したばかりのNGT48もそういう意味では誰がランクインしてくるのか注目でしょう。あとは18位の込山榛香さんは気になります。というのも、込山さんは昨年の速報で37位だったのに、最終的には圏外で名前を呼んでもらえなかったんです。これはファンもそうだし、本人はショックが大きかったと思いますよ。今年は最終結果でも良い順位にランクインしてくれるといいなと思っています。あとは圏外の子なんですけど、田野優花さんにはこれから巻き返しがあるといいなと思っています。田野さんはパフォーマーとしての実力が凄いんですよ」

―最近、48グループでは「世代交代」という言葉がよく掲げられていますが今年の総選挙で世代交代は起きそうですか?

「今回の速報を見て驚いたのが若手メンバーの高橋朱里さんがキャプテンを務めていて、所属メンバーも若手中心のチーム4メンバーが大量にランクインしていることでした。少なくとも今回の速報を見ている限りでは有望なメンバーが育ってきているんじゃないかと僕は思いましたね。今回、初センターに大抜擢された向井地美音さん(速報29位)にも本番ではもっと上位にランクインしてほしいです!」

インタビュー・文 クリーンヒット真弓(ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

NGT48





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る