【トラウマ都市伝説】すきま女

フリーライターのDさんは、よく仕事仲間のFさんの仕事を手伝っていた。

Fさんは社員数人を抱え、編集プロダクションを経営していたが、多忙なときはDさんに応援の依頼を良く出していた。だが、いつも、その仕事は急な仕事であった。

「頼むよ Dちゃん、うちも戦力なくてさ」

仲間のそんな泣き言にほだされて、今回も手伝っていたのだ。だが、流石に今回の仕事は堪えた。

(たまにはFさんに、飯でもおごらせてやろう) そんな軽い気持ちで、友人の事務所を訪問したのだ。

「ねえ、Fさん、いる?」

ドアを乱雑にノックする。だが、まったく反応がない。

「どうしたの? 病気かい?」

再びドアを叩くが、何の物音もしない。今朝までメールの返事は来ていた、何処かに出かけたのであろうか。

(おかしいな、この部屋自体、人の気配が希薄だ)Dさんの脳裏に出版社の編集者の台詞が蘇る。

「最近、Fちゃん、妙なんだよね、何かに怯えているみたいで、家から一歩もでないんだ」

確か、昨日の電話で共通の知人がそう話していた。

(何かに怯えている? まさか過労でついに心が折れたのか)そう思うと心配でたまらなくなってきた。思わずドアノブに右手が伸びた。

「Fさん、入るよ」

そう言いながら入っていくDさん。室内は薄暗く、異様な臭気が漂っている。




「なんだぁ、この匂い」

顔を顰めるDさん。まるで、クサヤのような異様な匂いが充満している。室内は空気の対流がなく、霧のように霞む大気を掻き分けながら奥の部屋に進んだ。

「いるのか、Fさん、そこに‥」

まるで、すねた子供に呼びかけるように囁く。

「そこにいるんだろ」

そうDさんが囁くと、部屋の隅で何かが動いた。人間のようだが、顔がはっきりみえない。コソコソと動くと部屋の壁に背中を当てて座り直す。

「誰だ!」

身構えるDさん。暗闇でうずまっている人影。やはり、仕事仲間のFさんである。異様にやせ細り、目玉だけがギラギラと光っている。

「どうしたの?」

幽鬼のようなFさんに駆けより、肩を抱くDさん。枯れ木のように軽い体、ボロ布のような衣服を身にまとっている。

「外で出なきゃ、いや病院に行かないと」

そう言って、連れ出そうとするDさんの手を振り払うとFさんは身を縮めた。

――――女が、女が

まるで、幼子のように顔を左右に降り、いやがるFさん。

(女だって、女がどうしたって言うんだ)Dさんは、しばし呆然としてFさんを見つめた。

「女がどうしたの? 病院ぐらいいいでしょ」

だが、その言葉に耳を塞ぎながら、Fさんはつぶやいた。

――――あの女は、すきまからやってくる

「すきまって‥」




闇に目がなれてきたDさんが室内を見渡す。部屋のありとあらゆる隙間にガムテープが張られている。

冷蔵庫と壁の隙間‥。窓と窓枠の隙間‥。本箱と箪笥の隙間‥。机とパソコンの隙間‥。

ガムテープでありとあらゆる隙間が塞がれているのだ。

「馬鹿な、隙間って、あんな小さな隙間から女が来るなんて」

そう言って、ガムテープをはがそうとするDさんを必死に止めるFさん。

―――やばいよ、やばいって、あの女はすきまから来るんだ

目玉に血管を浮かび上がらせ、しがみつくFさんの顔。

(これは相当疲れているな、すきまから女が出てくるなんて、妖怪じゃあるまし‥)そう考えたDさんは、Fさんの手を再びとった。

「兎に角、行こう、過労だよ、過労」

だが、怯えるFさんは、ヒステリックに叫んだ。

―――あのすきま女は、隙間から出て来て、俺を放さないんだ

Dさんが哀れんだような表情を浮かべる。

「いい加減にしなよ、すきま女なんて馬鹿な話だよ」

その瞬間、Fさんの鼻の穴がガバッと開いた。

「うわぁぁぁ」

驚いて、後ろに下がるDさん。

Fさんはフガフガと、鼻から息を吐きながら、こちらに這って来る。

鼻の穴が異常に大きくなってくる。

「なんですか、ええ、なんですか」

腰を抜かした状態で、後ろにさがり続けるDさん。そのDさんに向かって、鼻の穴から薄っぺらい女が出てきた。

「あああああ、女が隙間から出てきた」

仰天するDさん。うすっぺらい女はゆらゆらと揺れると、にたりと笑った。

・・・すきま女は、あらゆる隙間から侵入する。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る