『妖怪ウォッチ3』下ネタ妖怪登場!?過去にはBPOクレームも

2016年7月25日発売予定のゲームソフト『妖怪ウォッチ3』。

2014年より日本全国で大ブームになった『妖怪ウォッチシリーズ』の最新作であり、妖怪をテーマにしているにも関わらず舞台がなぜか「アメリカ」と各方面から注目されているゲームである。しかしながら、現在『妖怪ウォッチ3』に登場する妖怪の1体に「アニメには登場できないかも?」と話題になっている妖怪がいる。




その妖怪の名は「あまん汁」。

牛型の妖怪がコーヒーカップに入っており、手にはサクランボ、頭にはソフトクリームが乗っている。

「甘んじる」と「甘い汁」をかけたダジャレ妖怪だが、問題はその名前の読み方で、あえて説明は避けるがドギツイ下ネタを誘発するネーミングとなっている。わざと意図したものかはわからないが、子供向けゲームとは思えない非常に攻めたキャラクターであるといえる。

もっとも『妖怪ウォッチ』は、放送中のテレビアニメにて「女性化した妖怪がバナナをほおばり意味ありげなセリフを発する」「臀部を刀で刺されたキャラクターが喜ぶ」という演出を行い、BPO(放送倫理・番組向上機構)に通報されたという過去があるとされており、ファンからは是非アニメで「あまん汁」の登場を期待したいという声もある。

果たして、「あまん汁」は無事にアニメに登場することができるのか?期待したいところだ。

(大森エビフライ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

妖怪ウォッチ3

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る