朗読劇「この子たちを忘れない2018 -1945 ヒロシマ・ナガサキ-」8月6日公演





8月6日、9日は日本人として忘れられない日、平和記念日だ。

6日の広島平和記念日に、被爆体験者の体験を伝える朗読劇が千葉県柏市で開催される。主催の市民団体「柏・麦わらぼうしの会」は、戦争や原爆を体験された人々の思いを風化させてはいけないと、1995年より原爆体験者の手記を朗読劇として公演。

宗教、政治、営利を目的とせず、平和の尊さ、命の大切さを多くの人たちに語り継ぎ、ともに考える機会となることを願って活動を行ってきた。

今年のテーマは「原爆の悲劇は、もう終わった事ですか?」。原爆体験者達の最後の声を伝える朗読劇。興味のある人はぜひお問い合わせ下さい。

柏・麦わらぼうしの会 第21回自主公演
朗読劇「この子たちを忘れない2018 -1945 ヒロシマ・ナガサキ-」

2018年8月6日(月)
1回目 開場 午後12時45分 開演 午後1時
2回目 開場 午後2時45分 開演 午後3時

会場:名戸ヶ谷病院 別館4階 大講堂
(柏市名戸ヶ谷687-4)

チケット:中学生以上 500円 小学生 無料
○未就学児は入場できません
○障がい者手帳をお持ちの方の介助者(1名)は無料

チケットのお申し込み・問い合わせ
柏・麦わらぼうしの会事務局
TEL:070-1146-7592
E-mail:[email protected]




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る