死んで何年も経つ母親へNHKが受信料催促!誰も見ないのに払えの一点張り!





ここ数年NHKは受信料の回収率アップにに躍起になっている。受信料の支払いを拒否する世帯に対して、裁判を起こすほどだ。

NHKの受信料に関してあるつぶやきがツイッターで話題になっている。

死んでから何年も経つ母親宛てに、NHKから受信料の督促状が届いたことから騒動は始まる。




関連記事
責任回避?被害者面?NHK、臆面もなくジャニーズや山口さんに損害賠償請求
そこは処刑場だった…渋谷NHKスタジオ、2・26事件の青年将校が幽霊で出る!?

息子が母親は一人暮らしで、母が亡くなってかや実家には誰も住んでいないと説明したものの、NHKは亡くなった日から今までの受信料を全て払うように主張。

もし、死亡証明書をNHKに提出したとしても、NHKに廃止届けを出さない限り、受信料はかかり続けるという。




つまり、いつ死亡したかは関係なくNHKに廃止届けを出した日に初めて受信料は止まるのだという。

屁理屈のように聞こえるが、現行では救済措置がないようだ。

(馬鹿拓郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る