【衝撃映像】恐竜か?チュパカブラか?謎の生物の白骨死体が撮影された!?

まずはこちらの動画を見て欲しい。夜間、茂みをかきわけて奥へ進んでいく様子が映像に捉えられている。そして、開けた場所に灰色の、何やら動物のものらしき死骸が横たわっている様子が映し出されるのである。

死んで時間が経っているのか、頭部や首のあたりなど骨が露出している箇所も多い。大きさは1メートルと少し、長い湾曲した細い腕と足があることが確認できる。よく見ると尻尾も生えているようだ。

関連動画
Remains Of A Strange Creature Are Having Many People Believing Its An Chupacabra






この動画はチリのAysen地域の郊外で撮影されたもの。撮影者は郊外の森林を歩いている最中にこの不気味な生物の死体を発見し、カメラに収めたものだという。

この生物の正体に対して、発見者は中南米で目撃されている凶暴な未確認生物「チュパカブラ」のものではないかと考えているそうだ。チュパカブラは90年台に南米のプエルトリコで初めて目撃されてわだいになったもの。




ヤギ等の家畜を中心に襲いかかって血を吸うとされているため、「ヤギの血を吸うもの」という名前がつけられた。実際に動画を視聴した人々からも「チュパカブラだ」「いや、恐竜の生き残りではないか」等の意見が出てきているようだが、この生物の正体は何なのだろうか。

頭部の骨や歯のつきかたから、ウシ科等の生物である可能性が高いが、画像も粗く腐敗が進行しているため正体の判別はつきかねるという。

果たして、この生物の正体が明らかになる日は来るのだろうか。

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©The Hidden Underbelly 2.0 YouTube



関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る