毛むくじゃらで手も足もない謎の妖怪「野槌」

日本を代表するUMA、ツチノコのモデルではないかとされている妖怪が野槌だ。

野槌は目や耳が無く口だけを持つ、蛇やミミズのような姿で描かれる妖怪である。全身を剛毛で覆われており、姿は獣に近いが目も鼻も無く、手脚も無い。ただ、顔らしき場所に大きな口があるのみの姿をしている。

大きさは約1メートル、しかし大きなものは2〜3メートルにもなるという。兎やリスなどの小動物を飲み込むようにして捕食するが、大きなものは鹿や人を襲うこともあるとされる。

“野槌”という名前は“野之霊(のつち)”が変わったものであり、「古事記」「日本書紀」にある植物の女神『鹿屋野比売神(カヤノヒメ)』の別名が『野椎神(ノヅチノカミ)』だった為、神と目されることもある。




カヤノヒメは暗闇の神や惑わしの神など異形の神を生んだ為、妖怪を生み出す能力を持っているとも言われる。

野槌についての目撃情報はごく最近まで報告されている。猟師達は、まれにこの野槌らしき生物の目撃証言を耳にしたり、実際に目撃することもあるという。

そして、たいがい野槌らしきものが出現するとされる山は、山の神を祀っているとされる山で、その言い伝えを知っている地元の人は野槌を山の神、ないしはその使いとして見ているそうだ。

(監修:山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©鳥山石燕『今昔画図続百鬼』より「野槌」




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る