グイグイ大脇、逮捕!集めたクラウドファンディングの資金は一体どうなる?

吉本興業所属のお笑いタレント、グイグイ大脇が6月4日、強制わいせつの疑いで大阪府警茨木署に逮捕された。

報道によるとグイグイ大脇は4月19日夜、大阪府内の路上で10代の女性の下半身を触るなどの行為をした疑いが持たれてる。

グイグイ大脇は関東での知名度はさほど高くないが、関西地方ではいくつかのテレビ番組でレギュラーを持った人気の高い芸人で、関東地方でも放送されていた『ロケみつ』(2008年~2015年)では彼がメインの旅企画が組まれるなどしていた。




グイグイ大脇はその明るい芸風から女性ファンも多く、彼の犯した罪にショックを受けているファンは多いという。また、グイグイ大脇はその高い知名度を使い、クラウドファンディング活動も行っていて、今年3月には「子どもたちのために『うんち体操』をグイグイみんなで作ろう!」という企画をスタート。

これは、3歳と7歳の2人の息子の父親であるグイグイ大脇が、7歳の息子から「学校でうんちをするのが恥ずかしい」との悩みを打ち明けられことから、「学校での排泄は恥ずかしい行為ではない」ことをPRする「うんち体操」を考案。この「うんち体操」を広く伝えるためのプロモーションビデオを作成するための費用100万円を募っていたのである。




結果、このプロジェクトへの応援者が予想よりも多かったために、目標金額100万円を大幅に上回る200万円が集まった。ところが、今回の事件により今後のこのプロジェクトの行方が不明瞭になったことは明らかである。

現在、クラウドファンディングは既に締め切られていて、公式サイトでは「今後の対応について同氏(グイグイ本人)、およびプロジェクト関係者の間で協議をいたしたいと考えております」と発表しているが、グイグイ本人のTwitterには「金を返せ!」「事件起こした後に金を集めてたのか」との抗議が殺到しているという。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る