新潟湯沢に座敷わらし出現!?見知らぬ老夫婦の家に泊まろうとしていたのか





新潟県湯沢町の70代の夫婦が住む民家で奇妙な事が発生した。

2018年5月18日夜19時頃、半ズボンTシャツ姿の小学生の男児が訪ねてきた。そして、いきなり「なんでもするから、今夜一晩泊めてほしい」と懇願したという。

見知らぬ顔の少年に、困惑した老夫婦がやんわりと断ると、「ボクのことわからないの?」と言い残し、少年は自転車に乗って忽然と姿を消したらしい。




この話を聞いた老夫婦の息子が警察に通報。翌日南魚沼署が現場に駆けつけ、男児行方不明事案として情報をマスコミにリリースした

このニュースが流れるとネットは炎上、「湯沢に座敷わらし出現か?」と大騒ぎになった。

結局、17日午後になってその日家を飛び出していた近所の小学生と判明。近所の老夫婦の家に泊まろうとしたことがわかった。 単なる笑い話で良かったものの、なんとも人騒がせな小学生である。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る