アドルフ・ヒトラー、その死因と生前に迫れ!残された僅かな遺骨を詳細鑑定

欧州内科医学雑誌に興味深い研究結果が掲載されて話題になっている。その記事は法医学研究者による、アドルフ・ヒトラー本人のものとされる骨の研究結果についてのものだった。

ヒトラー本人のものとされる骨片は、1945年と1946年に発見され、遺骨は研究の後散骨されたと言われていたが、一部は現在ロシアに保管されていた。

研究チームがまず、ヒトラーのものとされる頭蓋骨を調べたところ、頭の左側に銃口の傷があったことが明らかになった。DNA解析でヒトラー本人かどうかは確認されていないが、頭部の傷や歯の治療の記録はヒトラー公式のX線診断結果と一致するという。




関連動画
Examination Of Teeth Confirms Hitler Died In 1945

また、3つの断片になった上顎と下顎の高度な研究も行われた。

法医学研究者のフィリップ・シャリエ氏は、下顎の一部には治療の痕がみられ、銀歯やブリッジなどが確認できると述べた。また、走査型電子顕微鏡を用いてヒトラーの生存歯の歯垢と腐食の度合いを調べた結果、植物由来の粒子が歯から見つかったが、逆に肉由来のものは無かったという。

これは、ヒトラーが菜食主義者であったことを証明しているようだ。また、ヒトラーの死因に関してはまだ確定に至っていないという。




専門家はシアン化化合物による服毒自殺の可能性について、歯の金属ブリッジ部分で発見された謎の青い結晶をさらに研究して突き止めていきたいと考えているとのこと。

シャリエ氏は、この遺体がヒトラーのものであると確信しているが、「さらなる確定のためにDNA解析を行う必要がある」と述べている。

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『ヒトラー ~最期の12日間~ Blu-ray

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る