石原慎太郎が衝動買いした逗子の家、地下には謎のプレイルームがあった!?





2018年5月3日、日本テレビ系列で放送された「ダウンタウンDX」にて石原慎太郎の豪快な伝説が息子である石原良純の口から披露された。

作家の石原は32歳の時、衝動買いでスゴい大きな買い物をしたという。

いつものように逗子の海岸を散歩をしていると、入江が一望できる眺めの良い場所にたどり着いた。

「この土地はいいなぁ」

その場で決断した石原は、その土地を購入し豪邸を建てた。そして、その豪邸の最も眺めの良い場所に自らの書斎を作り、4人いた息子たちは一つの部屋に押し込まれた。

4人兄弟で1つの部屋とはいささか狭いような気がするが・・・「自分の稼いだ金で好きな家を建てろ」というのが石原の考え方であった。

また地下には女人禁制のプレイルームがあったらしい。

(馬鹿拓郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る