新潟小2女児殺人事件逮捕の小林遥容疑者、4月に少女にワイセツ事件も

アトラスでも昨夜報じたように新潟県で発生した小学二年生の女児が殺害された事件は容疑者が逮捕されて急展開を見せている。

逮捕されたのは小林遥という23才の会社員である。電気工事技師として毎朝自家用車で通勤しており、事件当日は会社を休んでいた。近所の評判も良く、明るい人柄と言われる小林容疑者だが、実は4月に少女に対するワイセツ事件で逮捕されていたのだ。




関連動画
新潟 小2女児殺害事件 近くに住む23歳男を逮捕(18/05/15)

4月に少女に対してワイセツ事件で逮捕されたにも関わらず、5月には通常勤務に戻り、何食わぬ顔で社会に紛れていたということは恐怖すら感じる。

米国では少女や少年に対するワイセツ事件を重要視しており、再犯率の高い性犯罪者に対する居場所の確認や、近在の人間が未成年者に対する性犯罪者の住居をインターネットなどで検索できる仕組みが発達している。

近所に未成年者に対してワイセツ事件を起こした犯罪者がいたことが周知されていたならば、今回の事件は防げたのではないか。我々大人は未成年者を性犯罪から守るための仕組みを構築すべきではないだろうか。

(和田大輔 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©ANNnewsCH YouTube




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る