相方休業中、インパルス板倉にメンタル限界説!?ヤセすぎと哀れみの声も…

お笑いコンビ「インパルス」メンバーの板倉俊之が激ヤセしている!と一部視聴者の間で話題だ。

インパルスといえば、2017年6月に10月に板倉の相方である堤下敦が自動車による自損事故を起こしていて、現在はコンビとしての活動は休業中である。板倉ひとりがバラエティ番組において、まさに孤軍奮闘のごとく謹慎中の相方の分まで頑張っている。




とある視聴者からの指摘によると、最近の板倉は体力および精神的に疲弊しているのか、もともとやせ型の体形ではあるが、とりわけ最近ではゲッソリした姿でバラエティ番組に出演することが多く体調を心配されている。

インパルスは現在、堤下の休業による影響でレギュラー番組は一本もなく、板倉の小説を中心とした文筆業で稼いでいる状態なのだが、その台所事情はかなり苦しいとされている。

インパルスは板倉は独身であるが、堤下は既婚者で妻及び小学生の娘がいる。そのため、堤下家の収入は現在、板倉ひとりが頼りであり、文筆業とバラエティのゲスト出演だけでは生活が成り立たない状態であるという。




そのためか、5月10日に放送された『アメトーーク! 』の「(仮)バラシ芸人特集」では板倉は「仕事がバラシ(キャンセル)になった時は、やり場のない怒りを空に向かって喋る」「(バラシになった)番組で話そうと思ったネタは小鳥に囁くことで供養している」といった、彼のメンタルを思わず心配してしまうようなエピソードが飛び出す始末。

この状況に、熱心なインパルスファンの間では「堤下さん帰ってきて!」「早くコンビで活動してる姿を見てみたい」との声が日増しに大きくなっている。

(パンダ・レッサーパン・ダグラフ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『ことわざドリル

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る