なべおさみが古代ユダヤについて語る!?「古代ユダヤで読み解く天皇家と嘘部の民の謎」好評発売中





タレント活動のかたわら、ユダヤ研究に取り組んできたなべおさみ氏が、自らの出自や独自の調査で解明した「嘘部の民」の謎などを古代イスラエル人渡来説の研究家・久保有政氏に語る!

◎イスラエルの調査団体が「神道は失われた10支族がもたらした」と明言した!
◎天皇家は北イスラエル王国の王家・エフライム族の末裔か
◎中央アジア・キルギスには「山幸彦・海幸彦」に似た話が伝わっている!
◎日本に渡来したイスラエル人たちが神道を形成した
◎秦氏が古代キリスト教徒であることを示す証拠
◎諏訪の神「ミサクチ」は「イサクに由来する」の意味だった!
◎日本のいたるところに隠された十字架
◎ユダヤの民は中国の呉から日本の呉へと運ばれた
◎「石」の技術を持つユダヤ人が中国で「石」姓の皇帝となった
◎天皇家を裏から守るための部族
◎秦氏の番頭が服部、秦氏の隠れ軍団が嘘部の民
◎比叡山の石積みをした穴太衆はイスラエルの末裔か

 …などなど、様々な内容について語ります。

『古代ユダヤで読み解く天皇家と嘘部の民の謎』
出版社: 文芸社
なべ おさみ (著)、久保 有政 (著)

画像『古代ユダヤで読み解く天皇家と嘘部の民の謎




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る