【奇奇怪怪】大気圏外に生息する「スペースクリッター」謎だらけの生物

以前、アトラスにて変形しながら飛行する、青白い謎の未確認飛行物体について紹介した。この時、記事の中でUFOというよりも生物的な特徴が見られるため、未確認生物の「スペース・クリッター」ではないかと仮定していた。




日本では「スペースクリッター」や「宇宙ホタル」、海外では「アトモスフェリック・ビースト(大気圏の猛獣)」と呼ばれているこの未確認生物は、普段大気圏外に生息していると言われている。体を構成する物質は不明だが、ゼリー状ないしはプラズマでできているともされている、すべてが謎の存在である。

スペース・クリッターは通常、成層圏より高度の大気中に生息しているため、普段はあまり目撃されたりすることはない。しかし、何かの弾みで我々の生活圏まで下りてくることもあるとされている。

スペースクリッター2

このクリッターを初めて発見、撮影したのは米国・カリフォルニア州に住むトレヴァー・ジェームズ・コンスタブル氏。アマチュアの航空史研究家である。いわゆる未確認飛行物体には明らかに人工物のようなものもあれば、不規則な動きを見せる発光物体など様々なものがあるが、中でも発光物体系に膨張・収縮をし、形を変え、飛行機のあとをつけるなど、意思を持った生命体にも思える行動パターンを見せるものが存在する。

彼はこのタイプの未確認飛行物体を研究した結果、「地球の高空に住む未知の生命体である」と結論付けたのである。

クリッターの大きさは直径わずか数センチから30メートルまで様々。形もアメーバのように自在かつ瞬時に変えることができるため、UFOに誤認されるケースがあると、コンスタブル氏は述べている。




クリッターの正体には様々な説があるが、コンスタブル氏は太古、高濃度のガスやプラズマに覆われていたころの地球で自然発生したプラズマ生命体であり、密度が希薄な状態では視認できないという特色もあって、人知れず独自に進化してきたものであるとの説を唱えている。

普段目にすることのできないスペース・クリッターであるが、コンスタブル氏曰く機材さえ揃える事ができれば誰にでも撮影できるという。実際、彼のアドバイスに従って写真に収められたケースもある。

また1978年、ニュージーランドでは多くの人々にスペース・クリッターが目撃されるという事件が発生した。目撃されたクリッターは様々な色に変化し、体の形をスライムのように流動的に数十メートルも変形させたといわれている。

現存する生物とはまったく異質の存在であるスペース・クリッター。研究が進めばより詳しい生態が判明してくるのかもしれない。

(文:飯山俊樹 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る