大阪なおみ快進撃!「片言の日本語が可愛い」、ハーフ萌え現象頻発!!

日本人の母親とハイチ系アメリカ人の父親の間に生まれた日米ハーフの大阪なおみが今熱い。

BNPパリバ・オープンは米国時間16日において、快進撃を展開している。なんと、女子テニス世界ランキング1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)を撃破するという大金星を上げたのだ。

大阪なおみは、ランキング44位であり奇跡的な勝利だと言える。

関連動画
2018 Indian Wells Semifinal | Simona Halep vs. Naomi Osaka | WTA Highlights






国籍は日本ということだが、4歳の時に一家でアメリカに移住しており、一番得意な言語は英語である。したがって日本語はたどたどしいカタコトである。しかも、母親が関西弁を喋るらしく、片言の日本語がやや関西訛りなところも、妙な人気が出ているポイントだ。

パワフルなプレイとは対照的な、たどたどしい日本語がキュートであると、このところ大阪なおみファンが急増しているのだ。2020年の東京オリンピックに向けて、日本代表として日本語を覚え、笑顔で東京オリンピックの舞台に登って欲しい。

大阪なおみは、それでも自分は日本人らしいと感じる瞬間があるらしく、やたらとお辞儀をしてしまうところや、集団でいても何もしゃべれないところがシャイな日本人らしいと自覚しているようだ。

アトラスでは過去にテニスに関する記事を書いている。「清水良太郎逮捕で、テニスの王子様のファンが嗚咽」がその記事だ。

(馬鹿拓郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る