【恐怖都市伝説】『ラブライブ』の楽曲に謎の女性の笑い声が・・・幽霊!?





これまでATLASでは『ウルトラマンタロウ』『映画ドラえもん』などアニメや特撮番組で挿入された「謎の声現象」についての記事を掲載してきた。

今回は男性に人気のアイドルアニメ『ラブライブ!』の楽曲に纏わる「謎の声現象」をご紹介したい。

『ラブライブ!』といえば、2010年から漫画の連載がは開始され、現在ではアニメや映画、担当声優によるライブ活動などメディアミックスも盛んな作品である。

「謎の声」が挿入されていると噂になっている楽曲は、2014年1月にリリースされた「Paradise Live」という曲である。同曲は累計10万枚を売り上げたほか、2014年の年間インディーズチャートでは第1位を記録するなど『ラブライブ!』を代表する人気曲だ。




「Paradise Live」の1番サビ直前、途中「3、2、1」とカウントが入るパートがあるのだが、このカウントの直後に「フフッ!」という謎の女性の笑い声が確かに聞こえるのである。

一部ファンの間では、この笑い声の主は誤って録音された、声優の新田恵海が演じる高坂穂乃果の裏返った声がカットを見過ごされてしまったのではないかとの話がある。しかし、問題の「フフッ!」という笑い声は意識さえしていれば誰でもクリアに聞こえるほどの音量のため、声優や音響担当の編集ミスだったとは考え難い。

そのためこの声は「実は幽霊の仕業ではないか」と世のラブライバー(ラブライブファンのこと)たちの間で一時は大きな話題となっていたのである。

現在、この「Paradise Liveの謎の声現象」はラブライブファンの間でも半ば忘れられた存在ではあるが、機会があれば是非、ATLASの読者にも拝聴願いたい一曲である。

(文:パンダ・レッサーパン・ダグラフ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『μ’s Best Album Best Live! Collection II (通常盤)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る