エイリアンによる人体実験の画像!?「ダルシィ地下基地」流出画像を検証

国や政府、軍は密かに地球に来ている宇宙人と通じており、秘密裏に兵器開発や人体実験を行っている…。アメリカのエリア51やロズウェル事件等と共にまことしやかにささやかれている陰謀論だ。

その舞台の一つがアメリカはニューメキシコ州の地下に存在しているという「ダルシィ地下基地」だ。

この広大な地下基地では多数の技術者や科学者らが多くのエイリアンと共に様々な研究を行っていたという。中には拉致してきた人間を材料にエイリアンや動物とかけあわせてグロテスクな生物を生み出す等の非道な人体実験も行われていたという。

関連動画
Thomas Castello, A Dulce Base whistleblower






この情報は、トーマス・コステロと名乗る「かつて基地で働いていて、脱出に成功した人物」からもたらされた。彼が持ち出した情報や地下基地の内部映像は現在ネットを中心に出回っているが、この写真がネットに漏洩した後、コステロと彼の家族は行方不明になったとされている。一説には、漏らしてはならない情報を公にしてしまったため、何者かに消されたとも言われている。

彼が流出させた画像には、容器に入って培養されている人間らしきシルエットの生物の様子が粗い画質ながらも確認できるものが存在している。ネット上で何十万回も閲覧されたこの写真だが、検証の結果単純なフェイクであることが判明したのである。




しかも、元ネタはアメリカで2000年に公開されたアーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画「シックス・デイ」のシーンからだったのである。クローン人間が登場する本作では、クローンが培養槽で育てられている描写が存在する。そのシーンの背景を切り取り、白黒にして画質を粗くすると、基地内部を写したという画像と全く同じになってしまったのである。

もともと荒唐無稽な点も多かった「ダルシィ地下基地」の話だが、やはり大がかりなフェイクとみた方がいいのかもしれない。

(飯山俊樹 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©willow cat YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る