【都市伝説】ファミコン版『タッチ』隠された史上最悪サイテーのパスワード

あだち充原作の恋愛漫画『タッチ』、未だに多くのファンを持つ不朽の名作である。その『タッチ』にはファミコンで発売されたゲーム版が存在していたことをあなたはご存じだろうか・・・。

それが、1987年に発売された『CITY ADVENTURE タッチ MYSTERY OF TRIANGLE』である。

原作タイトルはわずか3文字しかないのに、やたら長々しい横文字が並ぶこのゲーム版は、タッチの世界観を完全無視したかのようなアクションゲームとして開発された。ところがこのゲームはタッチファンから激怒されて現在は「黒歴史」として扱われているという。




ゲームの内容は「異次元空間へ迷い込んだ飼い犬パンチの子どもを救うために達也、和也、南の3人が冒険する」というもので、達也と和也は得意の野球テクニック(ボールを投げる)で敵を倒すゲームなのであるが、出てくる敵というのが戦車や怪しげなピエロなどという戦車や怪しげなピエロなどという、タッチの原作には全く関係のない物体ばかりが出てくるという酷いモノである。

またトドメのツッコミどころはゲーム冒頭に入力できるパスワードの存在だ。

以下のパスワード三つのうちどれか一つを入力すると最強データからスタートできる裏技があるのだが、そのパスワードというのが原作ファンなら間違いなく失笑噴飯、ゲーム史上に於いてもお下劣極まりない下ネタの一つだったのである。

 たつや:みなみにHしてしまいました
 かずや:みなみにHしてしまいました
 みなみ:TATUYAとHしてしまいました

ゲームとは全く無縁の上記のようなお馬鹿パスワードであれば、確かに原作ファンが激怒するのも無理はない。




なお、このゲーム制作に関わったスタッフの談によると、このパスワードは「偶然の産物」とのことである。しかし、以前、ATLASでも紹介した「ガイアセイバーズ」のときのように、余りに出来過ぎている文字列のために故意であったことが当然のように疑われている。

また、本作『CITY ADVENTURE タッチ MYSTERY OF TRIANGLE 』は発売以来、一度も復刻されていないことからも原作ファンの間で「黒歴史」として扱われているのも無理はないと思われている。

(文:パンダ・レッサーパン・ダグラフ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『タッチ

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る