新種のUMAか!?2対の翼を持った巨大な空飛ぶ蛇が目撃される!

ネッシーやビッグフットなど、いるのかいないのか解らない未確認生物。近年でも新たな未確認生物が発見されたという報告が寄せられることもある。

今回アメリカはニュージャージー州で目撃された生物は、鳥のような羽で飛ぶ蛇だったというのだ。

目撃者であるニュージャージー州在住の男は、1月18日に自宅のポーチの上を飛行する奇妙な生物を目の当たりにしたと証言している。




その生物は約10フィートの大きさで全体的に灰色をしており、頭は非常に小さいのかよく見えなかったという。全体的に蛇に似ており、足などは確認出来なかった。しかし、鳥のような2対の翼をもっており、後ろの翼の方が小さかったという。

時間は午後5時20分ごろ、北西方向に東から西へ飛んでいったそうだ。生物の動きは「海の生物が水の中を移動するよう」だったといい、ウナギや蛇が空気中を泳いでいるようだったという。

果たしてこの生物はどこから来たのか。海外のUMA研究家らは、他にも見た人物はいないか追跡調査中であるという。




関連動画
Snakes really can fly ? – Real Flying Snakes

(加藤史規 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る