手塚治虫本人も目撃した!「人の形をした青い物体」





先日、本アトラスでは人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の作者、荒木飛呂彦が目撃した「緑色のゴム人間」について紹介した。

だが、他にも奇妙なものを目撃した作家は存在している。漫画の神様・手塚治虫も過去に青い人間のようなもの目撃した事があるというのだ。

別冊太陽75(昭和50年7月12日)に、手塚の住んでいた家に纏わる奇妙な体験談が記載されている。手塚が昔住んでいた家は、南と北で地霊が違うらしいのだが、何故か南側だけで地鎮祭をやったので、北側の地霊は納得いかず、様々な怪異を引き起こすようになったという。

編集者が泊まる四畳半部屋が北側にあるのだが、この部屋が問題のある部屋であった。そこで寝た編集者はうなされるようになり、窓の外はガレージなのだが、人がいる気配もするようになったというのだ。また、その部屋でアシスタントの女性が白い影を見たと言って、そこに寄り付かなくなったという。




こうした怪異が続くなか、手塚本人もその怪異を目撃することになる。

ある時、手塚の仕事部屋で、原稿を待つ各社の編集者たちが麻雀を始めたので、手塚本人が四畳半に移り仕事をやっていると、ガレージの方が明るくなり話し声が聞こえた。窓のカーテンを開けると「人の形をした青いモノ」と目があった。

仰天した手塚は仕事部屋に逃げ込んだ。その後、スタッフや編集者皆で確認したが、何もいなかった。あまりにも怪異が頻発するため、結局その家から引っ越したのだという。

仕事で疲れてしまうと変なものを見てしまうことがあるというが、今回はアシスタント含め多くの人々が同じものを目撃しているという点が非情に興味深い。

やはり、その家には何かが住んでいたのだろうか?

関連動画
Top 6 Ghost Videos Real Ghost Videos Caught On Tape Scary Videos

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る