夜に何かがやってくる・・・神戸の「やばすぎる一軒家」とは!?





2014年に神戸市某所にある“やばすぎる一軒家”がネットで話題となった。この一軒家というのが夜、得体のしれないものがやってくると噂されているのだ。

この家は三つの約束を守れば、無料で貰えるという。

 1、○○を受け取る。
 (この○字には、呪い、怨念、因縁が入るといわれている)
 2、家を三日以上空けない。
 3、夜20時以降になったら、家には帰らない。

この一軒家、既に神戸の不動産会社によって、新しい貰い手を募集していると言われている。

筆者が入手した情報によると、この夜やってくるモノは、手足の指がなく、顔もつぶれた妖怪“ぬっぺらぼう”のような怪物であり、夜の庭を這い回り、時折「お母さん」とつぶやくというのだ。

この怪物がやってくるのが20時であるため、家に帰る時間が20時と決められているのだ。

この怪物の出る場所は、いろいろ詮索されているがまだ定かではない。だが筆者はあるルートから地図を入手している。いずれに調査が出来たら幸いである。

しかし、このような不気味な事件が21世紀の日本にあるのだろうか。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Wikipedia 鳥山石燕『画図百鬼夜行』より「ぬつへつほふ」




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る