【バカ事件】女装50男が女湯潜入50分…裏声で「私、女よ」と答え、即御用!





中二病という言葉が定着して、もうどれくらいになるだろう。大人の幼稚な行動が増えている。ライバル選手の飲料に一服盛るなど、稚拙な事件がカヌー業界であったばかりだが、またしても「おまえも中二病か!」とツッコミたくなる事件が勃発した。

2018年1月10日、札幌西署は建造物侵入罪で50歳のパート従業員の男を逮捕した。男は女子風呂に潜入したのだ。

この不埒な男は前日の21時頃、女物のカツラを被り、女性用下着を身につけて市内の公衆浴場に侵入。約50分間に渡り、女湯を満喫した疑いである。

利用者から「不審者がいる」と知らされた浴場の係員が女装男を追及したが、女装男は裏声で「私は女性よ」 と、とぼける始末。そこですぐさま警察に引き渡され御用となった。




しかし、この男身長が180cmもあり、どう見てもオッサンとわかるゴツい体型であったという。バレないと思った精神構造が理解できない。

男子たるもの中学生の頃に、(女装して女湯に入ったらバレないかも)と一度は考えるものだ。が、50歳になって実行に移すとは馬鹿な奴もいたもんだ。この男、中二病に間違いなし。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る