アキラ100%、大失態であわや放送禁止…男性視聴者から同情が多数届いた!?





新年そうそう、前代未聞の「チン事」だ。

1月1日放送の『第51回爆笑ヒットパレード2018』にて、お笑い芸人・アキラ100%が生番組での裸ネタ中に股間を隠すべく持っていた小道具を落としてしまう事故が発生したのである。

その結果、見えたか見えないかの一瞬くらいではあるが、彼のあられもない股間が丸出しになったのである。そう、近年稀にみる大きな「放送事故」が発生してしまった。

昨年2017年はアキラ100%にとって、芸能界において大躍進を遂げた年ではあった。しかし、今年2018年は元旦からの大失敗で、スタート(しかも生放送)に躓き、アキラ100%にとっては悪夢のような新年を迎えてしまったようである。

ネットでは「アキラ100%ついにやらかしたか!」「元旦からとんでもないものを見てしまった!」という声に混じって「アキラ100%は頑張ったから許してやれ」「ドンマイ!」と意外にも(?)アキラを擁護する声は非常に多かったという。




また今回の失敗により、バッチリと写ってしまったアキラ100%の「男性自身」は一般男性のモノに比べると、やや子供サイスのようであり、またかなり長めのタートルネックを着ていたようだったなどのウワサが広まったために同じ悩みをもつ男性からも同情の声も集まっているという。

ATLASでは以前、アキラ100%の股間に関する噂を掲載したが、流石に「去勢済み」「性転換」は都市伝説であったのだが、当のアキラ100%にとってはイチバン知られたくない秘密の部分が全国(というか、今の時代は世界規模)に拡散されたことは間違いない。

しかし、裸芸以外にもトークをそつなくこなすアキラ100%のこと、この失敗を糧に2018年は様々な意味で我々を魅了させてくれるのではないかと多い期待している。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『裸の王様 [DVD]

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る