【初詣スポット】香川近隣の人にオススメ!日本武尊が白鳥になった白鳥神社

日本武尊と言えば、大和朝廷の日本統一に大きく寄与した人物だと言われている。あくまで伝説上の人物であり、実在する複数の人の業績を合わせて創作されたと見なされている。

筆者が日本武尊が好きなこともあり、アトラスでは何度か取り上げている。「素盞嗚尊と日本武尊は同一神」「都を目前にして悲劇の死を遂げた日本武尊」などの記事を今までアップしている。

悲劇的な姿を遂げた日本武尊はその後、白鳥となり去って行った。その白鳥が飛来した場所が香川県東かがわ市にあるといわれている。

関連動画
山口敏太郎。山口家由来の神社 白鳥神社





同所は、かつて白鳥町と呼ばれた地域であり、ヤマトタケの化身が白鳥となって飛来した場所を白鳥神社として祀っている。

この神社は筆者ともいささか関係がある。筆者の本名は、間敏幸〔はざまとしゆき)と言うが母方の姓は、山口という。この山口家のルーツがこの神社と関係があるのだ。

サラリーマン時代、作家活動していることを会社に隠すために母方の苗字をペンネームにした。それが山口敏太郎と言うペンネームが生まれたきっかけだ。






この山口家の発祥は、もともとこの神社の周辺に住んでいた三輪と言う一族に始まる。江戸時代にどこからともなくやってきた三輪一族は、ヤマトタケルをお守りするためにこの周辺に住み着いた。この神社の裏手にある日本一小さい山の辺を住処とした。その山の麓に住んだことから山口と言う名前に改名したのだ。

筆者も子供の頃は、この神社の花火大会に参加したり、裏山で鬼ごっこをしたりしたものだ。ヤマトタケルゆかりの神社だけに、霊験あらたかなのは言うまでもない。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©山口敏太郎

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る