「女が来る…!」実在したサイバーゴースト!「チャットの亡霊」【後編】

前編≪実在したサイバーゴースト!「チャットの亡霊」≫より続く

「あれっ?おかしいね。今画面が一瞬、ゆがまなかった?」
「うん、そうだ。確かに一瞬 ぐにゃっと…」
「どうもいやな感じだね」

Oさん以外に3人いた仲間も口々に異常なワンシーンについて語った。だが、1人だけ答えない仲間がいた。

「おい、おい、大丈夫か」
「まさか、寝たとか」
「おーい、まだ寝るには時間が早いぞ」




Oさんと仲間たちは、その人物に呼びかけたが何故か応答がなかった。何か事情があったのだと思い、Oさんはそのまま残った仲間と会話を続けたが、どうにも気になって仕方なかった。

すると10分ぐらい経った時に、その人物が奇妙な発言をしたのだ。

「女がオレの背後にいる。いるんだ。髪、髪の長い女だ…。長い髪で顔が見えない。うつむいて立っている。女が、女が、女が来る」

そして、突如画面から居なくなってしまった。チャット上は当然大騒ぎになった。

「いったい、今のはなんだ」
「奴は仕事が忙しくておかしくなったのか」
「女ってなんだ?!」

すると、今度はさっきまで、騒いでいた仲間が急に黙り込んだ。

「おい、今度はおまえかよ」
「なに黙ってんの?」

残ったOさんと仲間の1人は妙な胸騒ぎを感じながら応答を待った。すると10分後にまた反応があった。

「今度はオレのところに、女が来た…そこにいる。女が女が女が」

それっきり、そいつはチャットから落ちていった。

(いかん、これはやばいぞ)Oさんはそう思い始めていた。すると思ったとおり、残った1人が急に黙り込んでしまった。

そして、数分後こんなメッセージがチャット上で発言された。

「オンナが来た…そこにいるよ。いる。いる。女がいる」




その発言を読んだOさんは、背筋に冷たい汗を感じた。そして、直ぐさまパソコンの電源を落とした。この落とす瞬間、モニターが消える瞬間・・・。

髪の長い女がモニターに映った!!もしあと一秒遅れていたら、女がOさんの元までやって来ていたのだろうか・・・。

Oさんはそれ以来、そこのチャットには行ってないという。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る