『笑点』前代未聞の大トラブル!責任の所在はスタッフ…それとも山田くん?

12月10日、50年の歴史を誇る日本テレビ系の人気番組『笑点』にて前代未聞のトラブルがあった。

大喜利コーナーにて司会を務める春風亭昇太が大喜利のメンバー登場後に「大事なお知らせがある」と通達。さらに「実はですね、まず謝らなきゃいけないことがありまして、『笑点』始まって以来の不祥事を起こしてしまいました…」と神妙な面持ちで謝罪した。

昇太の説明によると「前回の収録時に、座布団の枚数を間違えてカウントして2週分取ってしまいました」と、なんと座布団の枚数を間違えたままで前回の収録をスタートさせてしまったというのである。

さらに昇太は「『笑点』は座布団のやり取りによって成立している番組です。なので枚数が違っているといけないので今日はその間違いを修正していきたいと思います」と続けた。

ちなみに枚数は、三遊亭小遊三、三遊亭好楽、林家木久扇が+1、三遊亭円楽が+3、林家たい平が+2という結果だった(林家三平は変動なし)。




今回の珍事は司会および出演者、座布団運び、さらにはスタッフまでが(誤差が少なかったとは言え)座布団の枚数がおかしいということに誰も気づかなかったために起こった、有り得ない事故であった。

この日の放送では春風亭昇太が代表して視聴者へ謝罪をしたが、ネットでは「これはスタッフのミスではないか?」と「昇太さんひとりに責任を押し付けるのはおかしい」と一夜明けた後も騒動が続いている。

また、同時にネットでは座布団運びの山田隆夫へのバッシングも聞かれることになり、「座布団運びも責任をとるべきだ!」「枚数も数えられないとは山田くんもモウロクしたな!」「座布団運び流家元が聞いて呆れるわ!」と、まさかの山田くん叩きへと発展している。

確かに今回のミスは事前に山田さえ気づいていれば防げたかもしれないが、山田も今や61歳。機転も含めあまり多くのことに期待できないのかもしれない。

スタッフも含め座布団運びも司会者同様「若返り」が必要か!?

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)




関連記事
『笑点』予算不足!?「優勝賞品がショボ過ぎ!」と視聴者も失笑&軽蔑!
『笑点』に大クレーム…「独身を馬鹿にするな!」昇太の結婚待ったナシ!?
インチキ?放送事故?『笑点』林家三平の座布団合戦に疑惑

画像『山田クンとざぶとん』より

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る