あの浮遊都市を宇宙から捉えた!? NASAライブストリームに巨大構造物が…





アトラスでは、過去に中国やアメリカで目撃され、動画や画像に捉えられてきた神秘的な空に浮かぶ都市について報告してきた)。

その正体は空に投影された巨大映像とも、蜃気楼のような自然現象とも、はたまた異次元の光景がかいま見えたものともされてきたが、未だに結論は出ていない。

そんな中、NASAが配信している国際宇宙ステーション(ISS)からのライブストリーム映像にこの「浮遊都市」らしき「地球を周回する巨大な構造物」が発見された!?として話題になっている。

関連動画
MASSIVE Golden UFO Orbiting EARTH.






問題の物体は一般のUFO愛好家がライブストリーム動画を視聴中に発見したもの。青い地球をとりまく雲の上に、白く光り輝く四角い物体が映っている。拡大すると光の中に何らかの構造のようなものの影が存在していることも解る。

この物体について、UFOや超常現象についての動画を投稿しているYouTubeユーザーStreetcap1は「おそらく数百マイルにも及ぶ規模の大型の構造体が地球の軌道上に存在することを示している」「もしかしたら異次元へのポータルなのかもしれない」と述べている。

しかし一方で反論も寄せられている。懐疑派の研究者らからは「単に雲が太陽光を反射しているだけ」との声が当初から上がっていた。そもそも中国などで目撃されている「浮遊都市」自体、蜃気楼やフェイク動画の可能性が高いとされているのだ。今回NASAの動画に映っていた物体も実体のあるものではなく、自然のいたずらによるものの可能性が高いようだ。

しかし全ての「浮遊都市」の謎が明らかになっている訳ではないため、「浮遊都市」については今後も更なる追跡調査が必要であるとする意見が研究者らからは上がっている。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©Streetcap1 YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る