引っ越したばかりなのに…亡くなった家主が幽霊となって帰ってきた!?

上の写真を見て欲しい。

怪談から玄関の方を見下ろす形で撮影されたものなのだが、階段の下には半透明の人影が存在している。半透明でほぼ向こうが透けているが、白髪にやや背中の曲がった姿勢で、青い上着とスカートのお婆さんに見える。しかもその動きは壁に手をつきながら今まさに怪談を上がってこようとしているのだ。

この写真は西ヨークシャー州シェフィールド在住の、自営業の男性が撮影したもの。撮影したのは午前2時半ごろで、夜中にふと目を覚ました男性は階下から響く足音のようなものを耳にした。

泥棒か何かだろうかと思った彼は、スマートフォンを懐中電灯代わりに足音が聞こえた玄関の方に向かっていった。そして、足音の主が写るかもしれないとスマートフォンで撮影してみたところ、このような人物の姿が写っていたのだという。

撮影者は非常に驚いて周囲を見回したが、当然自分以外には人はおらず、念のため階下の部屋も確認したが、不審者が入ってきていた形跡などもなかったという。

果たして、この人物は誰なのか。実は彼が入居する前、この家には老婆が一人で暮らしていたのだという。老婆が亡くなって程なくしてから家は売られ、撮影者の一家が入居することとなった。

老婆が亡くなってからまだ18ヶ月しか経っていないことになるため、まだ亡くなった事に気づいていないお婆さんの霊が家に帰ってきてしまったのだろうか、と撮影者らは考えているという。

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連動画
Dad captures ‘ghost of old lady’ who is HAUNTING family who have moved into her old house

画像 動画 ©theverge YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る