貞子、遂に海外進出!?「リング」で観た幽霊の姿が海外の写真に捉えられた!

日本で一大ブームを巻き起こしたホラー映画「リング」。作品に登場する怨霊貞子の姿はこれまでの幽霊の造形を一新させるほどのインパクトがあった。

原作小説もモデルになった人物の逸話を下敷きにしている事も作品に深みを与えていたといえるだろう。「リング」は海外版も作成され、貞子はサマラと名前が変えられたが恐ろしい幽霊として描かれ、観た人に強烈な印象を残した。




さて、日本の心霊写真や心霊動画で長い黒髪に白いワンピースらしき服の女性が写ると「貞子のよう」と評されることが多い。そんな「貞子のような幽霊」が海外でも確認された!?という衝撃的な心霊写真が撮影された。こちらの写真はある女性が自分の家の玄関で撮影したもの。写真の中にはベビーカーが写っているのだが、それを覗き込んでいる半透明の女性らしき影が存在している。その姿がリングの貞子そっくりなのだ。

関連記事
Grieving mum who has just lost twins photographs ‘ghost’ peering into her baby’s pram

この写真を撮影してしまった女性は「サマラが写った!?」と驚くと同時に、「自分の身に降りかかっている不幸はこの霊のせいなのかも…」と怯えているという。

実は彼女は写真を撮影する2週間ほど前に双子の赤ちゃんを流産して亡くしていた。また、その前にも第一子を生後1週間で失っている。今回写真に写った霊はベビーカーを覗き込んでいるようにも見えるため、この霊が悪霊であり赤ちゃんを連れていってしまったのでは、と考えたそうだ。


この写真はネット上に公開されると大きな反響を呼んだ。そして女性の元に心霊研究家から、彼女の家があった場所にかつて工場が建っており、そこで働いていた両親を探してさ迷うリリーという名の少女の霊ではないか、という連絡が届いたそうだ。彼女は場合によってはお祓いも考えているという。

海外でも捉えられてしまった「貞子」に似た幽霊騒動はまだしばらく続きそうだ。

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
Real Life Paranormal Activity – Part 3 of 6

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る