清宮幸太郎 背番号21、日ハムで「1」の付く番号を背負うと名選手になる!?

日本ハムファイターズに高校野球で人気を博した清宮幸太郎が入団した。

アトラスでも清宮に関しては、「鎌ヶ谷の出世部屋に入るのではないか?」「明石家さんまが左手で行くとドラフトは勝てると予言した」などを記事にしてきた。



他にも、清宮が大スターになる予感がある。背番号末尾に「1」がつく選手は名選手になるという都市伝説があるのだ。

例えば、日本ハムファイターズの背番号1といえば新庄剛志が思い出される。他にも背番号11と言えばダルビッシュ有、そして大谷翔平が身に付けていた番号だ。さらに背番号41 は稲葉篤紀が身に付けていた。いずれも球団史に残る名選手になっている。

今回、清宮に与えられた背番号は21である。まさに出世が約束された背番号ではないか。

1年間で打つホームランの数を60本と宣言しており、来年の活躍が期待される。来シーズンが楽しみだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
日ハムが交渉権 早実の清宮幸太郎選手が会見






動画 画像 ©朝日新聞社 YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る