やはりこれが月は異星人の基地だった証拠!?月面上空をUFOが編隊飛行




地球に一番近い天体、月。

アトラスでも何度か紹介しているが、月面上を捉えた画像に基地らしき建物のような影機械のような影が存在している様子が確認されることもあり、実は異星人の基地が存在している等という説が出てきたりもする。

そんな説を裏付けるような写真がイギリスはブラッドフォードにて撮影された。

こちらの写真は10月29日土曜日の夜に、地元の写真愛好家がブラッドフォードのクイーンズベリーにて撮影したもの。画面いっぱいに美しい半月が捉えられているが、その一部に奇妙な影が存在しているのだ。




画像を確認して違和感を覚えた撮影者がその部分を拡大すると、なんと6つの奇妙な物体が小さく写っていたことが判明したのである。拡大しても点でしか分からないが、確かに何かが編隊飛行を行っているように見える。

この物体に関して、撮影者は「何年も月を撮影したりしているが、このような影は一度も写ったことがない」とし、影の正体を月に落ちた円盤の影ではないかと考えているようだ。

もちろん、問題の物体が案外近くに存在する、例えば複数で飛んでいた鳥を捉えたものなどである可能性も存在している。

しかし、先日本アトラスでも紹介したように、月の上空を飛行しているのではないかと思われる奇妙な影が撮影されたこともある。果たして、今回撮影されてしまった物体は何だったのだろうか。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る