ダレノガレ明美、母が思い出の写真を燃やし、父は手紙をシュレッダーした!

10月31日、タレントのダレノガレ明美が「さんま御殿」(日本テレビ系列)に出演した。

親子での出演で母親と一緒に出ていたが、その中で数々のエピソードが紹介された。

ちなみにATLASではさんま御殿で披露されたエピソードとしてTMネットワークのネーミングの由来を記事にしている。

さて、ダレノガレの母親は非常に個性的な人でスーパーで流れている音楽がうるさいと、自分で変な歌を歌い始めるという。「🎶可愛い明美ちゃん、家に帰ったら殴るよー🎶」・・・実際には殴らないのだが何とも言えない気味悪い歌である。




さらにエグいエピソードがこれだ。

ダレノガレが自宅の自分の部屋に置いていた思い出の写真を焼いてしまったらしい。不用なものが入っている段ボールと同じ場所に置いていたため思わず一緒に燃やしてしまったのだと言う。

さらにもっとスゴい話がある。

成人式の時に父親に送ったダレノガレの感謝の手紙を父親自らシュレッダーにかけて処分しまったと言うのだ。

また番組でダレノガレの母親は「子どもがいくつになっても、感謝の気持ちを語るのはまだ早い」とユニークな持論を展開したが、司会の明石家さんまや他の出演者たちもついつい同調していたようだ。

(和田大輔 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事
「にゃんこスター」大ブームであの歌手も再ブレイク!?紅白出場もあり得る?
Amazonビデオ『戦闘車』配信ピンチ!?インパルス板倉、クルマで大暴走中!
【都市伝説】お笑い界「薬物」の影がないのは何故?密売のカラクリあり?
アンジャッシュ児嶋、相方渡部と食事に行かなくなった理不尽な理由とは!?

画像『ダレクッキング キレイになれて、彼氏の胃袋もつかめる』表紙より

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る