1948年ノースダコタ州ファーゴのUFO、空軍機が追跡した謎の発行体の全貌

アトラスでも取り上げたマンテル大尉撃墜事件バレンティッチ機消失事件など、空軍のパイロットがUFOらしき物体と遭遇して撃墜された!?とする事件は何件か存在している。

1948年に発生した事件は戦闘機がUFOと空中戦を繰り広げ、至近距離ですれ違っての目撃をしたというものだ。

1948年10月1日夜9時ごろ、アメリカはノースダコタ州ファーゴ上空にて、同州兵航空隊所属のジョージ・ゴーマン少尉はP‐51マスタングにて夜間訓練飛行を行っていた。そろそろ訓練飛行を終了し着陸の準備に入ろうかとしていた所、何らかの物体が白いライトを点滅させながら飛行しているところを発見。管制塔に報告すると、空域に小型機が飛行中との連絡が返ってきた。

ゴーマン少尉も小型機の灯火を確認したが、それとは別に飛行している機体の光らしきものが高度約300メートルの所に存在しているのに気づいた。接近を試みようとした所、発光体は通常の飛行機や戦闘機でも考えられない速度で急旋回。そして急上昇を始めたためゴーマン少尉は物体を追跡する。あまりに激しい軌道であったため、追いかけていたゴーマン少尉は一瞬失神するほどだったという。




なお、この発光体は地上の管制塔からも目撃されていた。その後ドッグファイトは20分ほど続いたが、ゴーマン少尉機のエンジンが不調になり発光体も不意に姿を消したため、ゴーマン少尉は追跡を終えて飛行場へ帰還した。最終的には高度約4000メートルの位置まで至っていたという。また、すれ違った際にゴーマン少尉は発光体を至近距離で目撃しており、15~20センチ程度の非常に小さなものだったと証言している。

彼が遭遇した発光体は果たして何だったのか。

実は後の調査で地元の気象台が観測用気球を打ち上げていたことが判明しており、気球に着いていた灯火を誤認したのではないかと見られている。暗く目標が捉えにくい夜間に急激な軌道の飛行を行ったため、気球や通常の天体をUFOと誤認したままドッグファイトをしてしまったのではないかという事だ。

実はマンテル大尉事件でも、金星と気球を誤認し高度を上げすぎた結果、酸素不足に陥って墜落したのではないかと考えられている。

この事件も一歩間違えば墜落の危険があった事件だったと思われるのだ。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る