【実話】守護天使?時空を超えてきた近親者?危機になるとどこからともなく現れる謎の男性

これは、ある女優の卵をしている女性から取材した話です。その方の名前をこの話の中で「あみな」と呼ばせていただきます。

あみなは大学に入学すると記念に母親と韓国旅行に行くことになりました。

ところが、直前に母のパスポート期限が過ぎていることに気付き、母親は旅行をキャンセル、せっかくなので、あみな独りで韓国に行くことになりました。

あみなにとって初めての海外旅行だったのですが、団体ツアーだったこともあり特に心配事はありませんでした。

韓国へ到着し一通り団体行動をした後は、ツアーの中に組み込まれていた自由行動になりました。あみなは前から行きたかった有名な観光名所に個人でタクシーを使って訪れることにしました。

タクシーに乗り込むと気になることがありました。料金メーターが運転手の鞄に隠れて金額が見えないようになっているのです。
あみなはすかさず、そのことを指摘すると運転手は急に激昂し、猛スピードで車を走らせ始めました。

そして、目的地に到着したものの、その請求金額といったらありえない程の高額だったのです。

怖くなり、すぐに車から降りると「誰か助けて!」と日本語で叫んで助けを求めました。

すると黒い服をきた青年が、「どうしましたか?」と走ってきてくれました。訳を話すとタクシーの運転手に対しものすごい勢いで文句を言い、遂にはその場から追い払ってくれました。

さて、その男性の外見ですが、どこかの芸能人か思わせるくらい端正な顔とルックスの持ち主だったそうです。

あみなは「きちんとお礼がしたいで」と謎の男性に名前と連絡先を聞くと、「また会えますから」と言ってその場からあっという間に去ってしまったそうです。




翌年、今度は中国へと念願の家族旅行へ行くことになったそうです。

現地の商店街で日本にいる友達にお土産を買おうと、家族とは別行動であみなは自分だけで買い物をすることになりました。

知らない街をあちらこちら歩きながら、日本ではまず存在しないような物珍しいモノを見つける喜び、まさにこれが旅の醍醐味なのでしょう。

あみなは時間を忘れて繁華街からすこし逸れてしまったようでした。すると、路上で座っていた不機嫌そうなオジサンがあみなに急に近づくと、力づくで腕を掴むと店と店の間の狭い通路に連れこんだといいます。

あっというまの出来事に唖然とするあみな、当然その場から簡単に逃げることは出来なそうです。

すると奥から人影が・・・ドスの聞いた中国語を話しながらそのオジサンが殴られて地面に倒れました。どうやらあみなは助かったようです。

またしても韓国で私を助けてくれた、あの人がまたあみなのピンチを救ってくれたのです。

安堵もあったのか溢れる涙をハンカチで拭い「ケガないですか?」と日本語で聞いてきました。

そしてまたもや、煙のように消えてしまったのです。

流暢な日本語を話し、韓国語、中国語をも意のまま操ることが出来るイケメン。全く違う国で何故、あみながピンチになると必ず現れるのか考えれば考えるほど少し怖くも感じる出来事です。

(夏目夢子 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
Mysterious Cases Of Time Travel That Can’t Be Explained

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る