「ロボコップ」「ウルトラマン」「バルタン星人」などマニアックなものまねで活動している宇宙芸人のレイバー佐藤氏が5月3日、日ハムの2軍本拠地の千葉県は鎌ケ谷市で行われるイースタン・リーグ楽天戦にて始球式を務めることがわかった。

当日は「G.W.鎌スタ☆ファミリーシリーズ2016」と銘打った3連戦の初戦でありテーマが宇宙であることから「宇宙芸人」を名乗るレイバー佐藤氏に白羽の矢がたったと思われる。

2016年、鎌ヶ谷スタジアムは「宇宙」をテーマにイベントを多数企画。8月11日に開催予定の「鎌スタ☆どきどきミステリーナイト」では「UFOを呼べるおじさん」こと武良信行氏を招いて球界初のUFO召喚を実施する予定であり、今季シーズンの鎌ヶ谷スタジアムは宇宙つながりの著名人を多数呼ぶつもりだという。

プロ野球の始球式という大舞台に挑むレイバー氏は、野球のプレイ経験はあまりないと語るものの『パワプロ』や『野球ボードゲーム』では高得点を保持しているらしくインドアながらも野球愛は抜群。またレイバー氏は「星飛雄馬」「花形満」など『巨人の星』キャラクターの持ちネタも持っているため野球ファンには非常に楽しい始球式となりそうである。当日は試合前の球場正面広場特設ステージでレイバー佐藤氏のネタ披露も行う予定。




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る