貴重な妖怪絵巻を間近で!山口敏太郎所有「北陸妖怪絵巻」千葉県銚子市・大内かっぱハウスにて展示中

アトラスで監修を行っている作家にしてオカルト研究家の山口敏太郎は、妖怪に関する研究資料として多数の貴重な妖怪関連資料を持っている。

中でも特筆すべきは江戸時代の妖怪絵巻だ。




山口が所有している妖怪絵巻は二種あり、一つは以前紹介した阿波化物絵巻。もう一つが今回紹介する北陸妖怪絵巻である。

こちらは北陸は加賀藩前田家ゆかりの旧家から出たものであり、現在は山口が所有している。

なお、この絵巻は長い絵巻の一部を切り取り改めて掛け軸の形に軸装したものとなっている。これは恐らく、本来の絵巻の大部分に何らかの破損が起きたため、無傷の部分だけを切り話して軸装したものと見られている。角には作者のものらしき落款も確認できる。

描かれている妖怪は松井文庫の百鬼夜行絵巻と同じ系列のものとなっており上段右から赤がしら、金槌坊、べくわ太郎、下段右から白うかり、胴面、いが坊、二本足となっている。

しかし、上段右から二番目には佐脇崇之の百怪図巻に描かれている「しょうけら」が登場している。松井文庫の百鬼夜行絵巻も百怪図巻も九州は福岡県に存在する事から、九州細川藩の人物が加賀に移った際に持ち込まれたものではないかと考えられている。




長い年月を経ても彩色は美しく、大元の百鬼夜行絵巻に比べて筆遣いや細部の描写に稚拙な点はあれども非常に貴重なものとなっている。

現在はこの北陸妖怪絵巻は千葉県銚子市の大内かっぱハウス内に展示されている。貴重な資料を間近で見られる機会でもあるので、興味のある方は一度訪れてみてはいかがだろうか。

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る