ビートたけしが告白、兄・北野大が奮起した雨の運動会での徒競走

本日10月6日、TBS系で放送された『ぴったんこカンカン』でビートたけしが暴露した話である。

たけしの実兄、学者の北野大は小学校の時、徒競走が大の苦手であったという。

笑いながら走るもののいつも結果はビリッケツ。小学一年生から五年生まで毎年ビリであった。

大が六年生の頃、運動会は生憎雨天のなか決行された。そして、どしゃぶりの中、徒競走が始まった。



いつものようにビリを走る大。すると最終コーナーで先頭グループが全員が転倒した。

すかさず、大は鬼の形相に変わったという。転んだ先頭グループを一気に追い抜き、一躍トップに立った。

だがリードは続かず、ゴール手前で大も転倒してしまう。今度は自分が追い抜かれ、結局、例年通りにビリだった。

泥だらけになって家族の待つ場所に帰ってきた大に対して、北野家の母親が一言。

「おまえ、勝つ気だったね」

(山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連記事
たけし&とんねるず合体でも視聴率振るわず!中高年しか見ないフジテレビ
ビートたけし臨死体験!?路上に落ちている自分の着ぐるみを見つけた!
【真実?】たけし「ダンカン馬鹿野郎!」言ったことがない!?
「世界のキタノ」は二人いた!?ビートたけしは兄弟もすごかった!
ビートたけしがバイク事故で見た不思議な夢とは?入院中はセーラームーンに激ハマリ!

画像『北野大vsビートたけしの新環境文化論 もったいないねこのバチ当たりめ!』表紙より

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る