優勝できなかったのはこの人の呪い!?「カーネル・サンダース」の都市伝説

 キャラクターに関する都市伝説と言うと、ケンタッキーおじさんこと、カーネル・サンダースが有名である。

 阪神タイガースが85年に優勝した時、ケンタッキーフライドチキン道頓堀店の店先にあったカーネル・サンダース人形は、興奮した阪神ファンがバースに見立てて道頓堀川に放り込み、行方不明となった。

 その後、「探偵ナイトスクープ」などによる捜索が続き、2009年、実に24年ぶりで不発弾調査中のダイバーによって発見され、引き上げられた。



 見つかるまでの間には、道頓堀川を回遊しているとか、京都大学(同志社というバージョンもある)の研究チームが密かに回収したとか様々な噂が飛び交った。

 以降、18年間阪神タイガースが低迷したのは「カーネル・サンダースの呪い」であるという噂も流布された。

 ちなみに、当時近所にいた「くいだおれ太郎」は、「わては泳げまへん」という張り紙を残し、店内に逃げ込んで事なきを得ている。
 一方、高所にあるうえ、巨大看板で安心かと思われた「蟹道楽」さえも、2003年の阪神タイガース優勝騒ぎで目玉をもぎとられている。

 結局、その後挑んだ日本シリーズでは、第七戦までもつれ込んだが福岡ダイエーホークスの前に敗北している。
 この敗北は、「蟹道楽の蟹の呪い」と言われ、蟹の目玉をもぎとったため、“勝ち目”が無くなったのではないかと噂された。




 2008年阪神タイガースファンとカーネル・サンダース象の歴史的な和解が成立した。甲子園球場にカーネル・サンダース人形が設置され、阪神のハッピを着たカーネル・サンダースが登場したのだ。

 阪神ファンからの受けもよく、今後は阪神の優勝を祈る守護神になっているという。また阪神ファンにとってケンタッキーフライドチキンは定番メニューとなっているようだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る