泣き声は不吉な出来事の前触れ 不気味な声で鳴く妖怪「オクポ」

 埼玉県日高市には、奇妙な妖怪の伝説が伝わっている。

 オクポという名のこの妖怪は、大木に棲息し、夕暮れ時になると奇妙な鳴き声を上げるという。

 昔の人はこの妖怪の鳴き声で天気を予測していたようで、オクポが向山で鳴くと翌日は晴れで、また日高の古刹・高麗山聖天院の山で鳴くと人が死ぬ前ぶれだとされた。




 どのような姿をしているのか、またどのような声で鳴くのかは一切伝わっておらず、地元の人に確認しても、今ではもう解らないとの事だった。

 俗信では、鳥類の鳴き声は不吉な出来事の前触れとも言われる事が多く、このオクポも鳥のような姿をしているのだろうか。

 現在の聖天院のご住職に伝説を確認したところ「日高は関東平野の端っこであり、鳥やモモンガが多くそれがオクポのモデルになったのではないか」とのことであった。

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る