eBayに出品されていた、あの「最恐の人形」が遂に落札!怪異は拡散する!?

以前、本アトラスではとある「呪いの人形」について紹介した。持ち主はイギリスはノーフォーク州キングスリンに住む一家。白いウェディングドレスを着た、古い物にしてはなかなか美品であり、さらに値段もかなり安かったため購入したところ、程なくして周囲で機会な出来事が起きるようになったのだ。

その後、この人形は「サマンサ」と名付けられ、気味悪がった持ち主の手によってオークションサイトeBayにて出品されることとなったのである。

呪いの人形が売られていると言うことで、出品の後この人形は広く注目を集め、テレビの取材も何度か行われた。そこで持ち主の家族はいかにこの人形が恐ろしいものか紹介、更に定点カメラで人形を観察してみたところ一緒にオーブのような奇妙な光が写り込む模様等が捉えられた。



この放送が反響を得たのか、人形はめでたくeBayにて落札。新たな持ち主の元へと渡る事になったのである。

持ち主の家族は「この人形が周囲に何かしらの影響を及ぼすのは確実なので、所持には細心の注意をはらってもらいたい」と新たな持ち主の身を案じているとのことた。

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連アトラス記事:就寝中の家族を襲う!?最恐の人形がオークションサイトeBayに出品中!




関連動画
Possessed doll: doll attacks owner’s husband and gets sold on eBay, then strikes again – TomoNews

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る