犠牲者はまだ増えるか…元看護師の男性が86人の入院患者を殺害した!?

ドイツ北部の町、デルメンホルストの病院にて、患者に不整脈の治療薬を大量に投与して殺害したなどの罪で元准看護師の40歳男性が逮捕。

2015年2月に終身刑の判決を受けているこの男性の犯行を捜査した結果、彼が殺害した患者の数は実に86人にのぼることが判明したとして話題になっている。

問題の男性は病院の入院患者2名を薬剤投与で殺害したなどとして殺人の罪に問われていた。後に裁判で同じ方法を用いて他にも患者を殺害したことを認める供述をしていたため、彼が過去に勤務していた病院等で裏付け捜査を行った。




すると、2002年から2005年の間に勤務していた病院で50人、また40キロ程離れた北部のオンデンブルクの病院にて1999年から2001年のわずか2年間に勤務していた際にも、36人の患者を殺害していた事が判明。実に86人もの患者の命が男性によって奪われた事になるとして、地元メディアは「戦後最悪の連続殺人」であると報道している。

なお、警察は捜査が進めば更に犠牲者の数が増えるおそれもあると発表している。

果たして、この事件はどこまで広がりを見せるのだろうか。

関連動画
German prosecutors believe nurse killed at least 86 patients

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)



関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る