集中砲火の真木よう子、カン違い発言にコミケ利用者は大激怒!?

 美人女優で知られる真木よう子のTwitterが現在、大炎上している。

 真木は25日、自身のTwitterにて今年冬に行なわれるコミックマーケット93(コミケ)への参加を表明。ブースによる出展も計画しているという。



 真木は今回のコミケでオールカラー320ページの雑誌を制作・発表するプロジェクトを発表。
 制作はすでに決定したといい、真木は制作費としてスタイリストやヘアメイク代、印刷代、撮影代などが800万円ほどかかることを明かしており、それらはファンからのクラウドファウンディングで募る計画を立てているという。

 ところが、真木のこのプロジェクトに対しネットユーザーは大反発。

「コミケの意味をわかっていないのでは?」「コミケ用の同人誌をクラウドファウンディングで作ってるグループはどこにもない」「写真集を作りたいなら出版社と組んでやるべきだ」との辛辣な意見が多数、真木に寄せられることになってしまった。

 真木はこれらの意見に対し「それは誤解です」「皆様の笑顔がみたいだけなんです」とツイートしていたが、騒動は収まることを知らず一晩たった今も炎上が続けている。

 また、真木は25日の深夜、他のユーザーからの「ブースは取れているのか」の質問に対し「まだ出店は決まっていません」と返答してしまい、これが再び火に油を注ぐ結果になってしまったという。

 コミケの基本理念はあくまで「同人活動」であり、消費者から金銭を得るための活動は認めらておらず、真木の語る「お客様」「出店」という概念はコミケには存在しない。そのため、コミケの常連参加者と思われる多くのユーザーから「あなたは何もわかっていない!」と大バッシングを受けているという。




 真木よう子は今年に入りTwitterを開始していた。

 美人女優らしからぬブッ飛んだつぶやきが注目を集め、せっかくの再ブレイクを果たした真木だが、今回の騒動によりその人気が地に落ちてしまわないように願うばかりである。

(文:安坂由美彦 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

関連記事
叶美香がコミケ参戦!「オーラが凄くて誰も近づけなかった」伝説生まれる
西川貴教がコミケに参戦!無事に終了するが転売に悩まされる被害
食レポ有名デブ系タレントB、段取りが悪いスタッフに鬼の形相で恫喝!
TV番組プロデューサー錬金術、何でもかんでもでキックバックで大金持ち
黒い交際によりテレビから干された芸能人、大御所歌手Aとモノ真似タレントB

画像は『真木よう子写真集 MUSCOVITE(モスコヴァイト)』表紙より

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る