「人間の肉は食べ飽きた・・・」集団レイプから殺人、そして食人!

 今週の8月21日、南アフリカで衝撃の殺人集団が逮捕された。容疑者は地元で呪術師を営んでいる男性をはじめとした4人の男性で、複数の女性を強姦した後に殺害しただけでは飽きたらず、被害者の肉を食べたと見られている。

 警察の捜査によって逮捕されたのは22歳、29歳、31歳、32歳の4人の男性ら。ある地域を中心に女性が行方不明になる事件が頻繁していたため警察が捜査を行った所、彼らの自宅で被害者女性の遺体を発見。彼らも罪を認めたため逮捕となった。

 警察の広報担当者、チャーメイン・スチュウィヒ氏は「容疑者のうち3人は殺人罪及び人間の臓器や体組織の所持に関連する容疑で起訴。また4人目の容疑者は殺害には加わっていないそうだが、やはり被害者の遺体を所持していたため遺棄に加わっていた容疑で逮捕した」と述べている。




 もう1人の広報担当者、テベベラ・メベール大佐は、容疑者が犯行を自供した金曜日の夜に彼らの自宅を捜索したところ、人間の足と手の一部を発見。その後、別の容疑者の家からも多くの人間の遺体が発見されたと発表した。

 容疑者の一人は警察署へと隠し持っていた遺体の一部を持ち込んでそれを渡し、「人間の肉は食べ飽きた」とも証言しているという。

 警察は「現時点では、一人の殺害容疑であるが、他にも何人もの女性が殺害された疑いがあり、正確な被害者の数は未知数である」と語る。ある容疑者の家では台所の鍋の中から8つの人間の耳が発見されたため、同地域の行方不明者を中心に被害者を絞り込んでいく予定だという。

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
Four men suspected of cannibalism appeared in court

画像©SABC Digital News youtube




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る